エピソード255

 



   

 

Yukialani’s Weekly Pick
•  
食にまつわるイベント、イート・ザ・ストリート、第4回ライス・フェスト

Island Spirit with Uncle Kalani 
•  「愛情を表す言葉」について

Angela’s Aloha
•  ホールフーズの「オノ・アワード」

Will’s Hawaii 
•  
 カイウィ海峡を泳いで横断した少女、17歳で最年少記録を更新!


  photo by Yukialani


 


 

  

Weekly Pick

イート・ザ・ストリート
毎月行われるこの催し、アラン・ウォンをはじめとするハワイの一流シェフのお料理が気軽に食べられるというものですが、今月のテーマは「ポーク」。参加費は無料、チャリティのための募金を受け付けているということです。

場所はカカアコ地区の555 サウスストリート、8月30日(金)午後4時〜9時まで。

イート・ザ・ストリートの情報

 

第4回ライス・フェスト
9月は全米ライス月間

ハワイでのお米の歴史ですが、中国からの移民の人たちによって、お米がはじめてハワイに持ち込まれました。中国からの労働者はポイではなくお米が食べたいと強く求めたため、お米をハワ イに輸入したのだそうです。1860年代にハワイでもお米が生産されるように。この頃の水田は、今ホテルや高層ビルが建ち並ぶワイキキに。

日本からの移民の人たちによって、これが大 きく変化。中国人が生産し、食べていたロング・グレーンのお米を日本人が好まず、カリフォルニアで生産されている短い種類のお米を求めた。そこで、ハワイ での消費量に十分なお米が生産されていたにも関わらず、どんどんカリフォルニアからの輸入が増えていったとのこと。ハワイで手作りされていたお米は機械化によって大量生産していたカリフォルニアのものに対抗することができなくなり、ハワイでお米を生産することがなくなっていった。

第4回ライス・フェストでは、30以上のブースが並び、お米料理のコンテストや一流シェフによるデモンストレーショ ン、エンターテイメントなどが楽しめます。ハイライトは何と言ってもスパムむすび大食いコンテストに続く、「最も大きいスパムむすび」のギネス世界記録への挑戦ではないでしょうか。

第4回ライス・フェストは9月1日 (日)正午から午後5時まで、ワードセンターで開催。

ライス・フェストのサイトへ

 


 


Island Spirit with Uncle Kalani 

今回は

「愛情を表す言葉」について。
ハワイ語の、人に対して愛情を示す言葉として一般的に使われるのは “ei nei” 。これは、“e `ia nei”を短縮したもので、その意味を直訳すると「そこのあなた」。これは英語のdarling(ダーリン)や「親愛な、いとしい、敬愛する」という意味の dearに相当し、夫婦や親密な家族、友人の間で使われる言葉。
似たような意味のハワイ語には “lei”があります。詩などに用いた場合には「大切な人」という意味で使われます。“ku`u lei”や“ku`u pua”は「わたしの愛する人」と訳すことができます。“No laila aloha aku no e ku`u pua apau.”は「わたしの親愛なる人たちへ愛を送ります」という意味。

“punahele” という言葉は、「誰もが知る、その人にとってのお気に入りの孫や配偶者」を表します。anakala と anekeは英語のアンクル(叔父)とaunt (叔母)をハワイ語化したもの。この言葉は mama, papa, tutu or kupuna のように目上の人に対する尊敬の念が込められています。ハワイでは目上の方をファーストネームで呼ぶのは失礼に当たるのだそうです。

 


 

Angela’s Aloha

今回はカハラモールにあるスーパーマーケットのホールフーズの「オノ・アワード」

アロハを込めて物を作っている地元の生産者を応援する「オノ・アワード」

今年の受賞者

 

People’s Choice Award (買い物客の選んだ最も優れた生産者)
Selected by the Whole Foods Market community

インディジナス・ソープ・カンパニーのサイトへ

 

 Team Member Pick of the Year

(ホールフーズ・ハワイの従業員によって選ばれた最も優れた生産者)

マオ・オーガニック・ファームズ サイトへ 


 Innovation Award

(商品、パッケージ、ビジネススタイルが最もクリエイティブな生産者)

マウイ・ブルーウィング・カンパニー サイトへ

 

 Sustainability Award

(ハワイの大地を大切にし、地元の経済をサポート、持続可能なビジネスの生産者)

マナ・アイ サイトへ

 

 Best New Product(最優秀新商品)

アドボロコ・ホット・ソース サイトへ

 

 Partner of the Year

 (ホールフーズの価値感に合致した最優秀パートナー)

オノ・ポップスサイトへ

 

 Hall of Fame

(地元の食品経済に著しい貢献を長期的に行ってきた生産者)

 マオ・オーガニック・ファームズ サイトへ 

 

ホノルルのホールフーズサイトへ

アンジェラのブログへ

オーシャンズラブサイトへ

オーシャンズラブのfacebookページへ

 

 


 

 

Will’s Hawaii 

カイウィ海峡を泳いで横断した少女、17歳で最年少記録を更新!

 8月18日に17才の少女が、モロカイとオアフ島を繋ぐ海峡・Kaiwi Channelを泳いで渡りました。Kaiwi Channelは、世界中でもっとも難易度の高い7つの海峡の一つと言われているところ。高波以外に、サメ、クラゲ、急に悪化する天候パターンなど、さまざまな危険が海峡に挑む者らを待ち構える。「Kaiwi Channel」はハワイ語で「骨の海峡」を意味する言葉です。これまでに30人ほどが正式に海峡横断に成功してきたが、今回の少女・Leahi Comachoは17才で史上最年少。彼女の挑戦は土曜日の夜7時半に始まって、次の日の午後12時半で終わったそうです。15時間かかりました。

 

史上最年少の17歳でカイウィ海峡を泳いで横断した少女Leahi Comachoさん

横断後の本人のコメント:

「今までの人生で一番無謀な挑戦に違いない。最初は順調に行っていたのですが、20キロメートル進んだ辺りで、カツオノエボシのクラゲにやられた。正直、諦めたかった。でも、全体的によかったと思う」

 

 

 

 

Episode